仕事が続かない

仕事が続かない人の特徴は3つ!【無理して続けなくてもいい】

ニート男子
ニート男子
新卒でプログラミング会社に就職。半年間しか続きませんでした。

 

 

 ・仕事が(数日〜1か月)程度しか続きません。

 ・なんで続けられないんだろう。

・もう仕事したくない

 

こんな悩みを解決できる記事となっています。

 

今回紹介する「仕事が続かない3つの特徴」のせいで、実際に悩んで仕事が続けらず、辞めてしまったことが僕はありました。

 

なので今回は『仕事が続かない人の3つの特徴』と『3つの特徴を緩和する方法』を紹介していきますね!

仕事が続かない人の3つの特徴

いきなりなのですが「仕事が続かない人の特徴は3つ」は下記です。

・ 人に気を使いすぎ
・飽きっぽい
・仕事が嫌い

 

この3つを具体的に説明していきます。

 

1 : 人に気を使いすぎ

正直これが一番だと思います。

 

仕事を続けていくうえでどうしても一人で仕事はできないので「人間関係」が重要になってきますね。

 

しかし「人間関係」をよくしようとしてしまうと、

 

・精神的に疲れる → 仕事をミスする → 先輩に怒られる → 精神的に疲れる

 

悪循環になってしまいました。

 

2 : 飽きっぽい

次に「飽きっぽい」なのですが、これは単調の仕事を飽きるという意味ではなく

 

毎日同じ時間に起きて、毎日同じ会社に出社して、毎日同じ社員の顔を見る」こういうことが我慢できない人がすぐに仕事を辞めてしまうんじゃあないかと僕は考えますね。飽きっぽいということですね。

 

上記の流れを我慢できない人は、仕事を続けることは厳しいですよね。

 

3 : 仕事が嫌い

そもそも「仕事が嫌い」というパターンもあると思います。僕も嫌いです!

 

特に嫌いと思うことが『2 : 飽きっぽい』でも説明したと思うのですが「毎日同じ時間に起きて、毎日同じ会社に出社して、毎日同じ社員の顔を見る」この流れが特に苦痛でしたね。

 

仕事だけだったら大丈夫だけど、「人間関係」とかのせいで仕事が嫌いと思ってしまいますよね。

 

では次に3つの特徴を緩和する方法を説明していきますね!

 

3つの特徴を緩和する方法

次に3つの特徴を治すとはいかないかもしれませんが、緩和する方法を紹介しますね!

・ 1 : 人に気を使いすぎの緩和点
・2 : 飽きっぽいの緩和点
・3 : 仕事が嫌いの緩和点

 

1 : 人に気を使いすぎの緩和点

結論、人に気を使いすぎの人は「気を使わなければいい」が僕の答えだと思います。

 

「それができなくて困っているんです!」と思うかもしれませんが

 

僕の経験談なのですが「気を使いすぎる人は気を使わないぐらいが丁度いい人間関係」になることができました。

 

最初は気をつかいすぎるかもしれませんが、ちょっとずつありのままの自分で仕事をすれば必然といい人間関係になると思いますよ!

 

2 : 飽きっぽいの緩和点

「飽きっぽい」人は毎日同じことしか無意識にやっていない点があるので、それを変えれば少しかわると思います。

 

具体例

 

・電車の乗る場所を変える

・通勤の道を変える

・飲み物を変える

・昼ごはんを変える

 

これはちょっとした例です。

 

毎日何も考えずにただひたすら同じ毎日を過ごしていると「飽き」ますよね。

 

なのでちょっとでいいので、1日1日を意識して仕事してみてください!

 

3 : 仕事が嫌いの緩和点

これに関しては「自分に合った仕事を探す」ですね。

 

どうしてもしたくない仕事をしても続きませんですよね。なので「これなら続けられる」と思うような仕事が見つかるまで探し続けることがおすすめかと思います。

 

僕も「軽作業・ポスティング・プログラミング」様々やってみました。

 

根気がいると思いますが、将来続けられる仕事はあると希望を持って仕事を探してみてくださいね。

 

無理に企業で仕事しなくてもいい

無理に企業で働く以外にも「お金」を稼ぐ方法はあります。

 

ブログ・Youtube・Uber Eats」など稼ぐ方法は様々です!

 

以前に無職でも月5万稼ぐことができる方法を書いた記事がありますので、企業で働きたくない人は、こちらも読んでみてください!

 

仕事が嫌な人は少しづつ治せばいい

いきなり仕事を始めなくてもまずは

 

自分に合った仕事をじっくり探してみたり、「副業」をやってみたりして自分に合ったお金の稼ぎ方を見つけてみてはいかがですか!

 

では今回はここまでとしたいと思います。

 

広告